女性弁護士による国際離婚、ハーグ条約、相続、国際養子縁組の相談

弁護士法人キャストグローバル 川口支店

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号             第二マサキビル303号
E-mail: info@mimoza-law-office.net

受付時間 9:30~17:30(平日)

048-271-5085

過去のトピックス

2018年5月29日
IAFL(国際家族法弁護士アカデミー International          Academy of Family Lawyers)主催、日弁連共催の早稲田大学における、法曹関係者参加による、国際家族法シンポジウムにおいて、水内弁護士が、”Enforcement of      Japanese Divorce,   Custody and Child Support    Orders Abroad: Case  Studies by Jurisdiction”のセッションのパネルディスカッションで、パネリストとして発言いたしました(同じセッションのほかのパネリストは、オランダとアメリカの弁護士の方々です)。

2018年2月7日
外務省における「米国弁護士スティーブン・カレン氏」による講演会及び、その後の懇談会に水内弁護士が参加しました。
くわしくは下記のページをご覧ください。

外務省での「米国弁護士スティーブン・カレン氏」の講演会

2018年2月2日
カナダ大使館で開催された、家族法に関するセミナーに水内弁護士が参加しました。

2017年10月10日
外務省主催の群馬弁護士会におけるハーグ条約セミナーにおいて、水内弁護士が日弁連ハーグ条約WGから派遣され、講師を務めました。

2017年9月
水内弁護士が、イギリスのロンドンの、Expatriate Law  Limited(海外在住者のための法律事務所:海外在住者の家族法の問題を専門的に扱っている事務所です)のパートナー弁護士である、Alexandra Tribe弁護士によるインタビューにおいて、海外在住者の日本における離婚手続きについて話をいたしました。
下記をクリックしていただきますと、インタビューをお聞きいただけます。

http://expatriatelaw.com/expat-divorce-japan/

2017年8月
事務所を下記に移転いたしました。

332-0034 埼玉県川口市並木2丁目45号 第二マサキビル303号室
みもざ国際法律事務所 

今まで同様、JR京浜東北線西川口東口から徒歩45分です。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2017年5月
埼玉弁護士会で、水内弁護士が、「国際離婚」についての研修の講師をつとめました。

2017年2月
「家事事件における保全・執行・履行確保の実務」(日本弁護士連合会家事法制委員会編 日本加除出版株式会社)を、水内弁護士が共同執筆いたしました。

2017年2月
栃木県弁護士会で、水内弁護士が、「国際離婚」についての研修の講師をつとめました。

2017年1月
お客様の声のページを追加いたしました。

2016年9月
インドのニューデリーで、家族法の会議が開催されました。
開催地であるインドの弁護士のほか、ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、ロシア等)、アメリカ、オーストラリアなどの家族法の弁護士が多く参加して、各国の家族法の制度について紹介するなどしました。水内弁護士も参加しました。

2016年7月
イギリスのロンドンのキングズカレッジ(King's College)で開催された、家族法のセミナー(Culture, Dispute Resolution, and the Modernized Family ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどの家族法の実務家、大学関係者が出席)に、水内弁護士が参加しました。

2016年7月
イギリスのロンドンで開催された、イギリスのハーグ条約の専門家との懇談会に水内弁護士が出席しました(在英国日本大使館主催)。

2016年7月
川口市商工会議所の会報誌 'MOVE' に、水内弁護士による、国際的な子の連れ去りに関するハーグ条約についての最近の動向についてのコラムが掲載されました。

2016年6月
水内弁護士が、埼玉弁護士会の外国人人権センター運営委員会の委員長に就任いたしました。

2016年6月1日
フィリピンにおいて、国際的な子の連れ去りに関する「ハーグ条約」の効力が生じることとなりました。日本でも、フィリピンとの間で、条約の効力が生じることになりました。

2016年4月4日
水内弁護士が、アメリカンセンターで開催された「ハーグ条約」に関する会議に参加して、加盟国の大使館の方々、ハーグ条約の案件を扱っている弁護士の方々と意見交換をしました。

2016年2月
アメリカ国務省による招待プログラム(IVLP International Visitor Leadership Program) に、水内弁護士が参加し、アメリカを訪問しました。プログラムのタイトルは、'IPCA Internatipnal Parental Child Abduction' です。
IVLPには、いろいろなプロジェクトがあり、年間5,000人くらいを世界の多くの国からアメリカが招待しているそうです。

2016年12月
「首都圏 みんなの弁護士207人」(南々社 弁護士ドットコム著)の「離婚」編に、水内麻起子弁護士が掲載されました。

2015年6月
イギリスの国際家族法雑誌  'International Family Law Journal 2' に、日本における子の連れ去りに関して、1980年ハーグ条約に関する案件と、ハーグ案件ではない場合についての水内弁護士による記事が寄稿されました。

2015年4月9日
水内弁護士が、イギリスの国際家族法雑誌'International FamilyLaw Journal 1(1月号)'に、ハーグ条約シンポジウム(2014年10月に開催されたIBA(国際法曹協会)の東京大会の際に開催)について寄稿しました。

2015年1月27日
弁護士ドットコムニュースに、水内麻起子弁護士による下記の記事が掲載されました。
「国際離婚で起きる「子の連れ去り」ーハーグ条約が定める「返還ルール」とは?」

くわしくは、下記のリンクをご覧ください。
http://www.bengo4.com/topics/2546/

2015年10月
水内麻起子弁護士が、IBA(国際法曹協会)の東京大会に参加し、ハーグ条約シンポジウム等の国際家族法に関するセミナーに参加し、欧米をはじめとした様々な国の家族法の専門弁護士と交流しました。
IBA東京大会には、世界の様々な国の弁護士が6,000人も集まりました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

受付時間 9:30~17:30(平日)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

お問合せフォーム

ごあいさつ

代表弁護士の水内麻起子です
弁護士法人キャストグローバル川口支店

Legal Profession Corporation CastGlobal Kawaguchi Office

〒332-0034
埼玉県川口市並木2丁目4番5号 第二マサキビル303号
TEL 048(271)5085

弁護士紹介