女性弁護士による国際離婚、ハーグ条約、相続、国際養子縁組の相談

弁護士法人キャストグローバル 川口支店

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号             第二マサキビル303号
E-mail: info@mimoza-law-office.net

受付時間 9:30~17:30(平日)

048-271-5085

離婚原因

裁判離婚をする場合には、民法770条1項各号に定められた離婚原因が必要です。
 

1 配偶者に不貞行為があったとき

2 配偶者から悪意で遺棄されたとき

 配偶者の生存が3年以上明らかでないとき

4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

5 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
 

原告は裁判で、離婚原因があることを主張・立証する必要があります。

5号 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

5号は一般条項です。

その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」とは、婚姻関係が深刻に破綻し、婚姻生活に応じた共同生活の回復の見込みがないことと理解されています。

 

5号により、婚姻関係については、破綻していれば離婚を認めるのが日本の離婚法の考え方です。
 

ただし、5号の解釈、及び2項(上記1~4号の事由があったとしても、裁判所は、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる(民法770条2項))により、婚姻関係が破綻していても離婚を認めない場合があるとして、破綻主義に徹していない立場です。
 

2項については、4号の精神病による離婚請求の場合で、具体的方途の見込みのない場合に、棄却することがある以外では、ほとんど適用されてきませんでした。

破綻が認められる場合

 

暴力
虐待
犯罪行為
性交不能・拒否
別居継続
過度の宗教活動行為

等が挙げられます。

別居期間と破綻

長期の別居期間があると、婚姻関係が破綻していると判断される傾向にあります。

しかし、何年別居すれば破綻が認められるという明確な基準はなく、事案により異なります。

別居期間が3年以上でも、破綻が認められず、離婚が認められないケースもあります。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

受付時間 9:30~17:30(平日)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

お問合せフォーム

ごあいさつ

代表弁護士の水内麻起子です
弁護士法人キャストグローバル川口支店

Legal Profession Corporation CastGlobal Kawaguchi Office

〒332-0034
埼玉県川口市並木2丁目4番5号 第二マサキビル303号
TEL 048(271)5085

弁護士紹介