女性弁護士による国際離婚、ハーグ条約、相続の相談

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号             第二マサキビル303号
E-mail: info@mimoza-law-office.net

受付時間 9:30~17:30(平日)

048-271-5085

次のような問題をお持ちの方は、ぜひご相談ください。

外国人の配偶者と離婚をしたいけれども、外国に財産がある(国際離婚のご相談)

  • 外国人の配偶者に無断で日本に子を連れて帰って来てしまった(ハーグ条約に関するご相談)
  • 外国人の配偶者が日本で亡くなったが、相続の手続きはどうしたらよいのか(国際相続に関するご相談)
  • 英語の文章を読んでほしい。英語で相手方と話をしてほしい(英語での対応ご希望)
  • 外国での離婚裁判、子の返還、相続について、外国の弁護士とやりとりをしてほしい(外国での国際離婚、相続などでのサポート)
  • 外国人の親族が逮捕されてしまい、英語が話せる弁護士に対応してほしい(外国人の刑事弁護)

このようなお悩みがございましたら
みもざ国際法律事務所にご相談ください

みもざ国際法律事務所のホームページをご覧くださり、どうもありがとうございます。


「みもざ国際法律事務所」は、2012年に事務所設立以来、およそ6年にわたり、国際離婚・国際相続の問題・子の連れ去りに関するハーグ条約の案件に重点をおいております。

10年以上の弁護士経験のある、女性弁護士が代表弁護士です。

英語圏の(アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、香港、シンガポール、ヨーロッパ諸国、南アフリカなど)が関わる場合で、英語対応を必要とする離婚事件・相続事件に重点的に取り組んでおります。

こういった国々に関する案件では、必要な場合、海外の現地の弁護士と連携して案件に対応させていただきます。法律的な内容ですと、弁護士同士で話をした方が早いという場合があります。代表弁護士は、国際家族法弁護士アカデミー(the International Academy of Family Lawyers IAFL)の会員です。こちらの団体は、経験豊富な国際家族法弁護士の集まりです。この団体のネットワークを生かして案件を担当いたします。

代表弁護士は、アメリカ大使館、オーストラリア大使館等の英語が話せる弁護士リスト、アメリカ大使館の家族法を扱う弁護士リストに登録しております。

代表弁護士は、日本弁護士連合会(日弁連)のハーグ条約対応弁護士紹介制度の名簿に登録しております。

英語の文章、契約書を読むこと、英語で相手方・裁判所・金融機関などに対応するなどの各種英語による業務もしておりますので、お気軽にお尋ねください。

外国人刑事弁護も取り扱っております

 

相談者のみなさまの人生がよりよいものとなるように、お手伝いをさせていただきたいと願っております。

トピックス

2018年           8月

誠に勝手ながら、8月13日(月)から17日(金)まで、夏季休業させていただきます。

2018年           6月1日

IAFL(国際家族法弁護士アカデミー International        Academy of Family Lawyers)の東京大会の際、教育プログラムにおいて、会員である、日本を含む、諸外国の国際家族法弁護士の前で、日本の家族法セッションにおいて、日本の調停制度等について発表しました。

2018年           5月29日

IAFL(国際家族法弁護士アカデミー International          Academy of Family Lawyers)主催、日弁連共催の早稲田大学における、法曹関係者参加による、国際家族法シンポジウムにおいて、水内弁護士が、”Enforcement of      Japanese Divorce,   Custody and Child Support    Orders Abroad: Case  Studies by Jurisdiction”のセッションのパネルディスカッションで、パネリストとして発言いたしました(同じセッションのほかのパネリストは、オランダとアメリカの弁護士の方々です)。

2018年           2月7日

外務省における「米国弁護士スティーブン・カレン氏」による講演会及び、その後の懇談会に水内弁護士が参加しました。

2018年           2月2日

カナダ大使館で開催された、家族法に関するセミナーに水内弁護士が参加しました。

2017年          10月10日

外務省主催の群馬弁護士会におけるハーグ条約セミナーにおいて、水内弁護士が日弁連ハーグ条約WGから派遣され、講師を務めました。

2017年          9月

水内弁護士が、イギリスのロンドンの、Expatriate Law  Limited(海外在住者のための法律事務所:海外在住者の家族法の問題を専門的に扱っている事務所です)のパートナー弁護士である、Alexandra Tribe弁護士によるインタビューにおいて、海外在住者の日本における離婚手続きについて話をいたしました。
下記の「インタビュー」をクリックしていただきますと、インタビューをお聞きいただけます。          http://expatriatelaw.com/expat-divorce-japan/

 

過去のトピックス

当事務所の特徴


国際離婚の経験が豊富です。英語でコミュニケーションを行います。

当事務所では、国際離婚を重点においています。

国際離婚では、国内の離婚では問題とならない、裁判所の管轄(国際裁判管轄)、どこの国の法律に基づいて判断されるか(準拠法)が問題となります。

当事務所では、国際離婚に特有の問題について対応し、日本で離婚手続をすすめるのがよいかどうかも考え、相談者の方にとって、最良の離婚問題の解決を目指します。

英語の資料、文献に対応しております。英語でコミュニケーションをする必要がある場合(英語を話す配偶者の方の案件など)、英語でコミュニケーションを行います。

 


ハーグ条約の案件(国際的な子の連れ去り、子との面会交流の案件)に積極的に取り組んでいます。

当事務所では、ハーグ条約に関連した案件に積極的に対応しております。

ハーグ条約に加盟している外国から日本に子が連れ去られた場合(インカミングケース)に、日本の家庭裁判所における子の返還申立の案件での代理を行っています。

また、日本に居住する子との面会交流の調停・審判の代理などを行っております。

海外に子が連れ去られた場合、ハーグ条約に基づく子の返還の海外での裁判(アウトゴーイングけーす)のサポートも行っております。

東京家庭裁判所、東京高等裁判所でのハーグ案件の裁判での代理の経験を生かして、ハーグ案件に取り組みます。

ハーグ案件では、子の常居所地での証拠収集が必要な場合が往々にしてありますが、その際に、子の常居所地の弁護士と必要に応じ、協力して案件に取り組みます。

代表弁護士は、日本弁護士連合会(日弁連)のハーグ条約対応弁護士紹介制度の名簿に登録しております。

 

英語での対応が必要な場合に、対応いたします(英文契約書、英文を読む、外国人刑事弁護など)

英語の文献、契約書を読むこと、英語で対応が必要な場合の対応を行っております。また、外国人の方の刑事弁護に英語で対応いたします。

取扱い業務

関連サイトのご紹介~国内離婚・
国内相続のご相談はこちら

 

当法律事務所が運営する女性のための離婚相続のご相談専用ホームページです。

財産分与慰謝料子の親権・養育費・面会交流などの個別の内容についてご覧になりたい方は、下記の「詳細はこちら」をクリックして、ご覧ください。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

受付時間 9:30~17:30(平日)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-271-5085

お問合せフォーム

ごあいさつ

代表弁護士の水内麻起子です
みもざ国際法律事務所

Mimosa International Law Office

〒332-0034 埼玉県川口市並木2丁目4番5号
第二マサキビル303号
TEL 048(271)5085

弁護士紹介